前回 テカポ(Tekapo)について書きましたが、カウンターが壊れたのかと思ったくらい驚きました。ホント多くの方が訪問してくださってびっくりするとともに、感謝の氣持ちでいっぱいです。

 

前回の記事はこちら▼▽▼ 『死ぬまでに行きたい ☆☆☆ 星が眠る場所』 

www.helio5.com

 

今回ご紹介するのは、テカポの続きのお話です。

 

・・・と言いながら、時代は1994年までさかのぼります。

パイロットになることが夢だった青年が、ニュージーランドに来てその夢を叶え、テカポで遊覧飛行のパイロットをしておりました。しかし、生活は苦しく子供が生まれるのを機に生活費を増やすため他に仕事を模索し始めます。

そこで思いついたのが夜の仕事