マラソン大会

2018/07/03

先週、子どもたちの学校でマラソン大会があった。

小1の息子で1000m、6年生は2000mという私からすると

かなり本気のマラソン大会がこどもたちの通う小学校ではある。

2週間ほど前から、マラソン大会に向けて全校児童で

朝走ったりしていたという力の入れっぷり。

娘は私のDNAを感じさせるスポーツ苦手っぷりではあるけれど、

小1の息子は夫に似て運動神経もいいし、走るのも早い。

ただし、スイッチを入れるのが難しい。

そんな息子、いまはお手伝いをしてお小遣いをもらうことに夢中で

「靴並べ1回10円」「お箸並べて10円」とせこくアルバイトをしている中、

「マラソン大会1位は200円なんてどう?」と言い出した。

200円?!と思ったけれど、のることにした。

1位200円、2位100円、3位50円と賞金を出すことになった。

ここで息子の走ってきた順位を軽く紹介すると、

年中のときは恐竜の真似して走って、練習ではずっと1位だったのに

本番は最下位。

年長のときはスタートで出遅れて一番最後だったのに

外周から4人抜きでぶっちぎりの1位。

今年の運動会は100m走を4人中3位…。

運動会の徒競走なんて、手をぶらぶらさせて、身体もくねくねさせて

イカが走っているのか?タコか?もしかして、うちの息子?!

という走りっぷりでした。

マラソン大会もどうせまたイカかタコの軟体動物走りでしょ?と

「どうぞどうぞ、1位は200円ね~」と約束。

気温7度、体感温度はもっと下回るような寒空の下のマラソン大会、

娘は予想通りの走りでした。

息子は…と思うと、スタートして100mほどのときは

どこにいるかもわからないほどだったのに

戻ってくるとき(500m直線で折り返す方式)

なんとまさかの3位。もう一人の男の子と抜きつ抜かれつの接戦。

2位争いをしているなんて!

うちの息子が背中をピンと背骨があるみたいに

(実際あるんですけれど…)

腕を振って走っているなんて!これはすごい瞬間よ!と思ってしまった。

あまりにびっくりして、奇跡的瞬間にも関わらず写真忘れたほど。

そして、残り100mでラストスパートをかけた息子、

クラスでは2位でゴールイン。

ほかの保護者から「えっ?太郎君って、足速かったの?!」と

口々に驚かれた。

ええ、実は…。本気を出すのは2年に1度くらいですけれど…と苦笑。

2位をとったなんて、褒めなくては!と思いつつ、

やっぱりあの運動会はかなり手を抜いていたのか…と。

一生懸命に走って遅いのはわかるけれど、

なんで運動会でも真面目に走らないのよ~!と2位の息子を説教。

「早く走ったら疲れるんやで?母さん、知ってる?」と息子に聞かれた。

私が走るのが遅いことへの挑戦状か?

久しぶりに本気で走った息子、

担任の先生やクラスの友だちに「すごい」と連呼され、

賞金の100円も獲得し、とーってもマラソンが好きになったようで、

「どっかでマラソンしてないかな~?俺、走りたいんやけど!」なんて

言うまでになった。

このわかりやすいところは間違いなく夫そっくり!

小学生のうちの成功体験は良いと聞くけれど、

いまうちの息子は天狗です。


にほんブログ村